備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
話題の備蓄アイテム
最新コメント

水の備蓄方法を考える

大規模な地震などでライフラインが寸断された場合、家庭内備蓄の水だけで十分だろうか?

地震のために交通インフラが破壊され物流が止まり、沢山の被災者が避難所に集結する大規模地震では、自衛隊などによる給水活動をあてにもできないでしょう。

その対策の為にと、狭い家にいつ使うともしれない大量の水を備蓄するのは、多くの方は難しいのではないでしょうか。

さらに、

・保管庫である自宅が火災に巻き込まれる。
・保管庫である自宅が倒壊する。しそう。
・放射能汚染のため屋外避難となり自宅の備蓄水を放棄しなくてならない状態になる。

など、折角備蓄していても、保管庫である自宅を放棄しなくてはならない状況になった時、あなたはどうしますか?

2Lペットボトル2本位なら、他の非常用持ち出し品と一緒に持って逃げれるでしょうが、残りは泣く泣く放棄するしかありません。


《我が家の水の備蓄》
1人1日3Lで4日分を備蓄水と想定しています。

計算すると以下の通り
(3Lx4日)x4人=48L

つまり、2Lペットボトル48本の備蓄だけです。

箱で言うと、2Lペットボトル8本入りを8箱です(^_^;)「少ないなぁ~」

我が家は狭いのでダンボール箱を8箱以上も置くスペースを確保できませんし、賞味期限の問題もありますですので、

4日以上の水の備蓄は初期段階からあきらめています。


豪邸か巨大倉庫でもない限り無理┐(´ー`)┌

で、私が取っている被災4日以降の飲み水の対策は次の記事で紹介!


   

スポンサーサイト



テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧