備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
話題の備蓄アイテム
最新コメント

汚染食品から子供の内部被曝を避ける

福島第一原子力発電所が核爆発を起こし東日本に放射能をまき散らし食べ物を汚染しています。

国は「直ちに影響は無い」

といいますが、

それって、「後で影響はあります」

って事でしょ。

そして、さまざまな健康被害が露出した際に政府は

「絶対影響は無いとは言っていない!」

と逃げるんでしょ。


イタイタイ病・薬害エイズ・アスベストなど、国は最後の最後まで罪を認めず引っ張ります。
もし自分の子供が甲状腺癌や白血病なったらと思うと寒気がします。

もし、発病しても「お子さん癌は福島原発の影響ではありません。」「因果関係は認められません。」と来るでしょう。

もし、罪を認めると言ったとしても


自分の子供が被曝してしまったとしたら、親としてこれ以上辛いことはありません。


絶対にそんな状況を避けるために、我が家では

そんな政府は安心できませんので、ドイツのベルトールド社のベクレルモニターLB200を購入しました。

IMGP0670.jpg

《LB-200の特徴》
●高い技術により、食物、植物、溶液(水、牛乳)などの放射能汚染度の測定ができます。
●検出管は、NaIシンチレーター採用のNaIシンチレーション検出管を使用しています。
●外部電源アダプタの他に、電池駆動も可能なので、現場に持ち出しての測定も簡単にできます。
●測定器自体のランニングコストはほとんどかかりません。
●ガンマ(γ)線の全体量を測定する機器です。
●測定対象物を鉛容器に入れて測定するため、外部の自然放射線(バックグラウンド)の影響を
最小限に抑えることができます。
●測定単位はBq/l(ベクレル毎リットル)。
※食品の残留放射能濃度(Bq/kg:ベクレル毎キログラム)の計算もできます。


《測定準備》
付属するプラスチックのビーカーに蒸留水を500ml入れてから本体に設置し自然放射線を計測します。
こうすることで、計測する物の放射線なのか?それとも自然放射線由来の計測なのかがわかり、計測結果が正確になるのです。
マニュアルには10分位で良いと書いてありますが、私は一晩かけて計測に影響を及ぼす自然放射線を測り精度を上げています。



《測定操作》
鉛遮蔽体内に検体をセットし、黒い測定スイッチを押せば測定は開始されるという簡単さ。
大体15分でブザーが鳴りますので、灰色のボタンをおして測定を終了させます。



《注意点》
放射性カリウムを多く含む検体(海藻等)の場合、環境放射能も計測しますので、留意が必要です。 (ただし、カリウムについては、感度を落としてあるので、通常では問題ない測定が可能)



《問題点》
ネットで検索して頂ければわかるのですが、このLB200は簡易的なベクレルモニターなので、計測結果にブレが出ると言う事があると言う事と、セシウム137を基準に考えているので、特定の核種だけを測ることはできません。
ウン千万円クラスの精密なベクレルモニターとは違いさまざまな問題点もあります。



《じゃ、なんで購入したの?》
子供の内部被曝をどうしても避けたいから!これに尽きます。

購入後色々な食品を測定しました。
スーパーで福島の食材があれば購入し実際に測って福島産と広島産を比べてどう変化するか?や、子供のお菓子やジュース・フルーツ・アイスなど様々な食品を測定しました。

実際に測定して物凄い値が出る物もあれば、出ない物もあります。



私は放射線など何も分からない素人で科学者ではありません。


ただ、自分の子供に内部被曝させたくないだけなんです。


そんな、父親ですから、ヨウ素が何ベクレルで、セシウム134と137が何ベクレル、 おおぉ!ストロンチウムも出ている!なんてことは必要無いのです。



要は・・・・・



「内部被曝の可能性が高い食品か?」

それとも

「内部被曝の可能性が低い食品か?」

それだけを知りたいのです。




食品の放射線を測定し相当に高いベクレル数が出れば捨てればいいだけ。

もしかして、本当はその食品は汚染されていなくて、センサーの誤検知で無駄にしているかもしれませんが、捨てても数百円。
それで自分の子供の健康が買えるなら、それでいいと思っています。



お陰さま、家庭内で食品の放射線スクリーニングができるので、子供達に安心した食材を食べさせれられています。


IMGP0672.jpg
真ん中の銀色部分がセンサー


IMGP0671.jpg
こんなビーカーがついてきます。
容量は500mlです。


IMGP0680.jpg
試しに牛乳の放射線を測定してみました。


IMGP0688.jpg
内側の線まで入れると500mlです。


IMGP0689.jpg
黒ボタンを押してスタート! スタート時は線量が高く表示されます。


IMGP0702.jpg
約15分で「ビーッ」とブザーが鳴って測定終了


メグミルク 500ml は21Bq/1kg +-27Bqと出ました。


このLB200はここからが問題(^_^;)

21Bq プラスマイナス27Bqですので、LB-200はこう言っているのです。



このメグミルクは一応21Bq/1kgと出ました。

でも、27Bq/1kgを加えて 48Bq/1kgかもしれませんよ。

あと、27Bq/1kgを引いて -6bq/1kgかもしれませんよ。

と言っているのです。

現実的には-6Bq/1kgはあり得ませんので、0Bq/kgとなるのでしょう。

一体どっちを選ぶべきか・・・・悩むぜっ


先ほども説明した通り、測定結果の21Bq/1kgは簡易計測ですので、研究所で使うベクレルモニターとは差が出てしまいます。
色々なサイトを見て情報を集めますと、この位の数値なら問題ありません。食べれます。
放射線の簡易計測機なので汚染されたかされないないかギリギリは難しいようです。

でも、これが100Bq/kgを超えたら、絶対危険((( ;゚Д゚)))「これは尋常じゃないだろ」


そんな、我が家はそんな感じで「汚染された食品」「綺麗な食品」として判別していますし、結果を記録しているので食品毎の数値の平均もわかって来ています。
その過去調べた食品の平均ベクレル数も参考にして、自己防衛しています。


皆さまの参考になれば幸いです。





スポンサーサイト



テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧