備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国の市民放射能測定所が測定した結果を、簡単に、検索・閲覧・共有できるウェブサイト

みんなのデータサイトは、全国の市民放射能測定所が測定した結果を、簡単に、検索・閲覧・共有できるウェブサイト

http://www.minnanods.net/

hosuanousokuteijyo0930.jpg



複数の測定所の測定データを共有する「みんなのデータサイト」を立ち上げました


■立ち上げの経緯

「みんなのデータサイト」は、「市民放射能測定所(CRMS)」、「未来につなげる東海ネット・市民放射能測定センター(Cーラボ)」、全国市民放射能測定所ネットワーク・世話人 「こどもみらい測定所」、「認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金」の4者による共同プロジェクトとして、2012年8月頃から準備を進めてきました。



 2011年3月11日の東日本大震災によって、東京電力福島原発事故が発生しました。事故により放出された放射性物質によって、東日本からさらに広域にわたり、目には見えない放射能汚染が広がりました。そうした中、自分たちが生産するもの、あるいは消費するものの汚染状況を自分たちの目で確認したいと願う市民たちがお金を出し合い、放射能測定機器を購入して、食品や水や土壌などを中心に、放射能測定に取り組む活動が、全国で広がってきました。



 「CRMS」は2011年7月に任意団体として設立され、福島県を中心に10カ所の測定所で測定が始まりました。同時に測定データを共通のデータベースに入力し、一般に公開してきました。同じ頃、名古屋の「C-ラボ」でも、測定データのデータベース化と、それをわかりやすく地図上に表示するシステムをつくりたいというアイデアが持ち上がっていました。また「高木基金」では、放射能測定に関わる助成先や応募者による「研究交流会」を2012年3月から実施し、この中で「C-ラボ」から『市民放射能測定所のデータベースを本格的に構築しよう』との提案がありました。そこで、データベース化を先行していた「CRMS」と、各地の市民測定所のネットワークである「全国市民放射能測定所ネットワーク」に相談し、共同の「データサイト」立ち上げに向けて準備を進めてきたものです。



■どんなサイトになるの?


 2013年9月、一般の皆様に見て頂ける形でサイトを公開いたしました。



 「みんなのデータサイト」は、それぞれの市民放射能測定所での測定データを共通のフォーマットで蓄積していき、一般の方にもわかりやすい形で、食品などの放射能汚染の測定結果を多くの人たちに活用してもらえるようにすることが一番の狙いです。そして、そのような汚染がどのような食品に多いのか、少ないのか、地域的にはどのように広がっているのか、また、時間の経過と共にどのように変化していくのかといった分析にも役立てていきたいと考えています。



 まだまだ産声をあげたばかりの状態で、これからだんだん育ってまいります。どうぞ皆様の周りの方にも「みんなのデータサイト」についてお知らせいただき、ご利用いただき、引き続きの応援をよろしくお願い申し上げます。




■データの正確性を保証する仕組み


 このような形で、複数の測定所の測定データを蓄積し、発信していくにあたっては、まず、それぞれの市民測定所の測定が、正確なものでなければなりません。私たちは、この「データサイト」の立ち上げにあたり、参加してくださる市民放射能測定所同士が測定技術について情報交換をし、測定精度を高め、経験を共有することにより、また必要に応じてクロスチェックを行なうなどして、 信頼できる「データサイト」作りをしていけたらと考えております。



 3・11から2年半が過ぎました。各地の市民放射能測定所をめぐる状況にも変化が生じていますので、このプロジェクトが全国の市民放射能測定所の連携を深め、それぞれの活動を盛り上げていくひとつのきっかけになることを期待しています。





■お問合せ先

主催者:「みんなのデータサイト運営委員会」

●市民放射能測定所(CRMS)

●未来につなげる東海ネット・市民放射能測定センター(Cーラボ)

●全国市民測定所ネットワーク・こどもみらい測定所

●認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金

事務局長:石丸偉丈(こどもみらい測定所)

テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。