備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの医療保険制度がエボラを蔓延させる

テキサス州でエボラに感染してるダンカンさんの医療費の額が、なんと現在所約5400万円だそうですΣ(゚д゚lll)ガーン

今後、アメリカの医療保険制度では、エボラ治療ができる者、できない者と篩いにかけられることが予想されます。

低所得者は高額の医療費を払えず自宅療養を余儀なくされる可能性が高いので、ひとたび感染防止策を潜り抜けられた場合、急速に感染拡大する可能性が高いと私は考えています。

更に私の勝手なアメリカのイメージですが、エボラ感染者が自暴自棄になり、故意に感染を増やす行動を起こす人が出てくるような気がしてなりません。



ドアノブ・エスカレーターの手すり・EVボタン・自販機・券売機や、不特定多数が触れるお金にも危険になる可能性があります。
この映画がとても良く出来ていますので、一度ご覧になるといいですよ。




米エボラ熱患者の医療費、1時間最大1000ドルに上る見込み

 10月7日(ブルームバーグ):エボラ出血熱に感染し米テキサス州ダラスで入院中のトーマス・エリック・ダンカンさんの医療費の総額は最大50万ドル(約5400万円)に上る見込みだ。病院が費用を回収できる可能性は低い。

ダンカンさんは、ダラスにあるテキサス・ヘルス・プレスビテリアン病院で9月28日から隔離され、現在、危篤となっている。病院の広報担当者が7日明らかにしたところによると、ダンカンさんは実験的薬剤を投与され腎臓透析を受けている。補液や輸血、血圧を維持するための薬剤投与も行われている可能性が高い。このほか、警備やエボラウイルスに汚染された廃棄物の処理、医療関係者を保護するための装備にも費用がかかっている。

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。