備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根山、火山性地震4千回超 気象庁、小規模噴火に警戒

これ、ヤバイのではないでしょうか?
地震と違い噴火はある程度予想できるはずですが、今の日本は 風評被害 を自己利益のために使う人が多く困ります。

ある一定の方に不利益が被ると風評!風評!と騒ぐので正確な情報も捻じ曲げられているようです。
もし、噴火し被害がでたら 想定外 ですから呆れます。┐(´ー`)┌

これだけ、前兆現象が出ているのですから、個人レベルで何らかの対策が必要です。

噴火が起これば、火山灰が道路につもり確実に交通はマヒします。 空中に舞う火山灰でヘリコプターの支援も無理になることでしょう。
その時人々がどういう行動に出るか・・・・考えるだけでも恐ろしい。

巨大噴火の災害は地震よりもより深刻だと考えます。



火山活動続く箱根山 最大で12センチ隆起

日本テレビ系(NNN) 5月17日(日)12時42分配信
 活発な火山活動が続く箱根山の大涌谷の地面が、最大12センチ隆起していることが新たに分かった。

 国土地理院によると、火山活動が活発化する前と15日の最新データを比較したところ、大涌谷の規制エリア内で地面が最大で12センチ隆起していたという。地下の熱水が膨張したためとみられている。

NNNより






箱根山、火山性地震4千回超 気象庁、小規模噴火に警戒

箱根山で4月26日から続く活発な火山活動で、神奈川県温泉地学研究所(同県小田原市)が箱根で観測した火山性地震が21日、計4千回を超えた。過去20年間で最も活発だったとされる2001年6~10月、研究所は4カ月で約4千回を観測したが、今回は26日目でこの数字に並んだ。

 研究所によると、今回の日別で最多は5月15日の500回。20日は84回、21日は午後5時までで43回と減ったが、「今後も増減を繰り返す」とみている。大半は体に感じない微小な地震で、有感地震は20日までに125回。最大規模は15日のマグニチュード3・0で、大涌谷で震度3相当を記録した。

 研究所の地震の観測地点は箱根町内に6カ所あり、気象庁よりも多い。気象庁が観測した箱根の地震数は4月26日~5月20日で1760回だった。

 一方、気象庁の西出則武長官は21日の記者会見で、箱根山について「警戒が必要なのは大涌谷周辺の限られた範囲であり、その付近の小規模な噴火に注意してほしい」と述べ、火山情報の適切な理解を求めた。気象庁は大涌谷周辺に新たに、噴火などによる空気の振動を捉える空振計やカメラを設置し、監視活動を強化している。

 また、箱根山は想定火口域から周辺の民家までは700メートルほどと、他の火山と比較して距離が近いことから、西出長官は「他の火山よりも小規模な変化でも、噴火警戒レベル3(入山規制)を考えないといけない」との認識を示した。

朝日新聞デジタルより

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。