備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下街で地震に遭ったら、助かる避難行動はこれ

地下街にいるとき地震に遭遇したらどうすべきか

もし地下街にいたときに巨大地震に見舞われたら怖いですね。
最深部だったりしたら、閉所恐怖症の私は気が狂ってしまうかもしれません(^_^;)
最悪にも火災が発生したら一酸化炭素中毒の危険もありますので、本当怖いです。

今日は地下街からの避難についてです。

暮らしなんでも辞典から引用

一般的に地下は地上より揺れが小さくて安全だといわれている。
しかし阪神淡路大震災のとき、兵庫県の地下鉄・大開駅は支柱が折れて押し潰されてしまった。
地下だから必ずしも安全とはいえない。とくに埋立地が多い湾岸部など、地盤が悪いところでは注意が必要だ。

地震に伴う火災のリスクも怖い。
火が回って煙やガスが充満しても、地下では容易に逃げられない。たとえ揺れがたいしたことがなくても、地下に留まるより地上に出たほうがいいだろう。
a5616292f9470643.jpg


地下街から脱出する際の5つのステップただし、慌てて地上に向かうのは厳禁だ。
実は災害時、地下のような閉ざされた空間でもっとも注意したいのはパニックに陥ることだ。

2003年、アメリカのナイトクラブで火災が起きて大勢の犠牲者が出たが、調査によると、焼死した人より圧死した人のほうが多かった。これは客がパニックを起こして出入り口に殺到したためである。
このナイトクラブにはほかにも非常口があり、その表示も見えていた。ところが人間は咄嗟のとき、自分が入ってきた出入り口しか頭に浮かばないらしい。一部の人は非常口から逃げて助かったものの、客の多くは出入り口1カ所に集中してしまい、惨事を引き起こすことになった。


地下にいるとき地震が起きたら、揺れが収まるのを待ちつつ、冷静に非常口の位置を確認すべきだ。
法律上、非常口は60メートルごとの設置が義務づけられている。
非常口が直接見えなくても、目視できる範囲に誘導灯があるはずだ。
入り組んだ通路にいて誘導灯すら見えないときは、広い通路のほうに動いてもいい。

ちなみに誘導灯が緑色なのは、火災で煙が立ち込めたときにも見つけやすい色だから。火災の場合も、闇雲に動くよりまずは非常口を確認しよう。


続きはこちら

テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。