備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅放棄か籠城か? 2タイプの食糧備蓄を考えた。

災害のために食糧備蓄する意味


《なぜ食糧備蓄をするか》
大規模な災害など今までの生活が一変するような災害が発生しても、
家族の生命を守るために私は食糧備蓄を推奨します。
最後の最後まで悪あがきするつもりです(^_^;)



《災害想定によって非常食を大きく2つに別ける》
想定する災害によって備蓄する内容が少々異なります。

自宅倒壊の場合は小型軽量の食料を持って自宅を捨てる事になりますので「行動非常食」が必要になりますし、自宅が無事なら「拠点非常食」で命をつなぐ事になります。

自宅放棄や避難行動の可能性も考えて、籠城用の重く調理必要な食糧(拠点非常食)だけではなく、機動力を損なわない軽量食糧(行動非常食)も準備しましょう。



《行動非常食》
軽くて調理不要の非常食。
数日分を背負って歩くのに支障がない物となります。
・カロリーメイトロングライフ
・カンパン
・ビスケット
・チョコレート
・乾燥飴
・アルファー米





《拠点非常食》
煮炊きが必要ものなどで重量が重い食糧。
パンデミックの場合はインフラに致命的なダメージが出る事はないと予想しているので、ガス・水道・電気の停止は考慮しません。

その反面地震などはインフラのダメージは甚大なので、この際カセットコンロなどの調理器具(熱源)の準備が不可欠

・玄米
・備蓄王
・パスタ
・乾麺
・缶詰
・冷凍食品
・乾物
・レトルト食品
・各種調味料
・インスタント食品
・サバイバルフーズ
   +
・カセットコンロ+カセットガス
・アウトドア用コンロなど




《ケース別食糧備蓄例》
我が家では主に、この3つの災害を想定して備蓄を進めています。

・地震災害
・パンデミック災害
・放射能災害


パンデミック以外は自宅放棄避難も想定、有事の際は臨機応変に行動することが必要





・地震の場合
地震で餓死した人間はいないと言うように、今の日本では数日で救助物資が届き始めますので被災後、最低3日は自力で生きれるほどの食料や水を備蓄します。
あくまで3日ですが、相当ひもじい思いをする事になりますので、7日間を目指します。

地震を想定した備えはプレッパーの第一ステップと言えるでしょう。
(ここは食糧備蓄編ですので、自宅倒壊のためのテント・寝袋・ライトなどは割愛)


この際自宅倒壊の場合は小型軽量の食料を持って自宅を捨てる事になりますので「行動非常食」が必要になりますし、自宅が無事なら「拠点非常食」で生活する事になります。
自宅放棄や避難行動の可能性も考えて、籠城用の重く調理必要な食糧(拠点非常食)だけではなく、機動力を損なわない軽量食糧(行動非常食)も準備しましょう。



・パンデミックの場合
未知のウイルスなどで自宅籠城を強いられる場合は、2ヶ月~3ヶ月は欲しい所です。
この場合ある程度インフラは機能するでしょうから、電気水道などは考慮しません。

しかし生きた人間が物理的に食糧を輸送して都市機能を維持していたのですが、未知のウイルスの影響で誰もトラックを輸送できない状況に陥ったり、商店が閉店する可能性が考えられます。

不特定多数の人間がスーパーに集まれば感染の危険性も高まりますので、安心して買い物も行けない状況におりいりますので、餓えずに自宅籠城できるように数ヶ月の食料備蓄を推奨します。


拠点非常食がメインになります。




・放射能汚染の場合
東日本大震災では、被災地が放射能に侵され救助品が届かない状態になりました。
震災で道路の寸断+物資不足+ガソリン不足+停電+見えない放射線と一番過酷な状況。
基本的には屋内避難を想定していますので「拠点非常食」がメインとなります。

原発のニュースを集め「小さな爆発があった」「火災があったが鎮火した」などのニュースが入った場合は、即避難行動に移りますので「行動非常食」がメインとなります。
(政府はパニック防止のために、過酷被害を微少被害として放送するもの)

我が家も100km以内に原子力発電所がありますので、初動を速くして渋滞する前に避難を完了させる予定。
拠点非常食がメインになりますが、避難が必要な場合は躊躇なく避難しますので行動非常食も考慮します。





・戦争の場合
考え難い事ですが、政府の機能がストップしたり、侵略が進めば生産も物流も滞る可能性が非常に高いので、パンデミックと同じように籠城する事になりますので、数ヶ月は見ておきたいものです。
この場合拠点非常食がメインになります。




・ポールシフト・太陽風による大規模停電
自然災害ですので、被災時はパニックに陥るでしょうが、物流の停滞などは比較的早く復旧すると予想されます。
地震を想定した1週間分の食料備蓄で問題なりでしょうから行動非常食又は拠点非常食を選ぶ必要性がある。




・巨大隕石衝突
これは、お手上げ。 
ここまで来ると考えても仕方がありません。
全ては神のみぞ知るですね(^_^;)





《東日本大震災から学ぶ》
最後に東日本大震災を経験して学んだ事も参考にすすめます。
地震の影響で、道路に亀裂が出き道路封鎖、電車のレールもゆがみから電車も止まり物流は止まった所に津波の襲来。
さらに原子力発電所が壊れ放射能汚染。いち時期は放射能の恐怖から救援物質は被災地まで届かない。
ガソリン不足も表面化しスタンドには長蛇の列が並ぶ始末。

災害を受けた場合、一番大切なのは初動。
水道が止まる前に浴槽に水をため、停電する前にスタンドで給油、商店が開いている間に必要な物を用意する(買占めを推奨している訳ではありません)など、人々が動く前に行動することが重要。

こう書くと「自分だけ助かれば良いのか?」と思われるかもしれませんが、私は普段から必要な物を備蓄し備えておりますので、最終的に購入するものは、ガソリンなど長期保存できない物だけ初動購入するに留まりますので、決して必要以上に買占めなどする事は無い事を先に申し上げます。


備えあれば憂いなし


家族のために最低限の物は備えて置きましょう。

テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。