備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供でも簡単!炭のおこし方 避難訓練も想定した子供連れBBQ

子供を連れてBBQしてきました。

家族サービスの一環ですが、本当は屋外避難の予行練習も兼ねています。

アウトドアグッズを日頃から使いこなしておけば、妻も子供も有事の際に戸惑う事はないでしょう。

今回は火の起こし方を勉強させました。

周辺のパーティでは男性が一生懸命うちわを仰ぎ風を起こしていましたが、我が子は一回もうちわを仰ぐ事なく火を起こしていました。

もちろん着火剤なんてものは使いません。

木炭なんてものは、新聞紙を蛇のトグロ状に丸めてから、木炭を積み木感覚で積み上げて、塔のようにして、火を付ければ誰でも簡単に火がつくんですよ♪(備長炭は難しい)


参考までにその方法を動画で説明






この着火方法を知っているか知っていないかで、時間の節約がめちゃくちゃできますし、子供でも安全に着火できるます。

キャンプに行って焼台を組み立てたら子供に任してしまうのです。

新聞紙で蛇を作って~ ♪
トグロを巻かせて~♪
炭で積み木して~♪
火をつけよぉう~ YO!♪(^-^)な訳です。


その間大人はテントを作ったり荷物を配置するのさっ。


子供にチャッカマン持たせて1度だけ火をつけさせ(その時は見ていて上げてね)
後は「火を良く見てて触らないようにねぇ~」と言って火の番をさせるのです。

子供も周辺の汗だくでうちわ仰ぐ大人より早く確実に着火成功できるので、鼻高々です。

上手に行くので良く褒めて上げると、ますますやる気になってくれるんですよね。

火って不思議な力があって、上手に火起こし出来ると大人になった感じがするんですよ。これは大人も一緒だと思います。

なので、我が家はアウトドア活動を通じて少しずつワイルドになるように教育しています。

これは
有事への準備の一つなのです。


今日はBBQ時に知っていると、役に立つ火起こしの技でした♪

960068_333745420085523_1451192978_n.jpg

自分でおこした火なら嫌いなピーマンだって食べれるようになるのですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ
本当の狙いはこっちだったりしてねwww


テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。