備蓄リストカテゴリ
車 (1)
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
話題の備蓄アイテム
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方公務員の年金・退職金維持のために、避難できない人々。 除染に騙されていませんか?

福島県が執拗に県外避難をさせない理由は

地方公務員の雇用維持・年金・退職金のため

簡単に言うとこんな感じ

県内人口が減ると彼らは困ります。

その理由

1:子供がいなくなれば学校の先生も必要無くなる

2:人口減れば役所の人間も必要なくなる

3:人口が減れば市民税・法人税など税収が減る

4:人口が減れば地価が下がり固定資産税収も減る

5:人口が減れば地方交付税の配給も減る

6:税収が減れば公共事業で得られていた甘汁が吸えなくなる


だから、汚染地域でも避難させないように、している訳です。


地方公務員の存在意義は住民の数です、住民が多ければ多いほど年金や退職金は支払われる。

住民が多ければ、職にありつく事ができるわけです。


考えて見てください。

住民が「ゼロ」になった市に学校の先生や役所の署員だけ、いても仕方がありませんよね。
職にあふれた人は人員削減のめにさらされます。

公務員は絶対安泰の法則が崩れる訳です。

自らの給料と年金・退職金のために、彼らは一生懸命意味の無い「除染」を推奨し一人でも多くの住人の県外流失をさけようとしているのです。


彼らの年金や退職金がどのように用意され支給されているかルールをしれば、彼らの取っている不可解な行動の意味がわかります。


 ↓ このサイトでさらに詳しく説明しています。
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-76.html



腹黒い地方行員の老後の安全のために、我が子の健康を差し出すのは如何なものか?と私は考えます。

自宅は賃貸として誰かに貸して、家賃収入を得て、安全な場所に一時的に避難することもありだと思います。

もし、5年後も安全なら戻ればいいのです。 

まぁ もどった瞬間、「逃げた奴!」「裏切り者!」と村八分でしょうけどね(^_^;)

地方ってこうなんですよね。 

私も田舎に住んでいるので、色々な付き合いもありますので、難しい事は重々承知しているつもりです
がっ!


子供の健康は別!


これは絶対ブレてはいけないと思います。







テーマ: 震災備蓄
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

プレッパー父さん

Author:プレッパー父さん
国の災害危機管理能力があまりにもお粗末なので、自分の家族は自分で守ろうと災害対策をはじめました。
自分の家族は自分で守ろうと災害に対応するため食糧備蓄をしているプレッパーです。
個人で災害対策を進める方々のお役に立てれば幸いです。

災害時水の確保は最重要課題
災害時に水の確保はサバイバル上最重要課題になります。 まだ上水道が生きている内に清潔に水道水を確保できれば、生命の維持に欠かせません。 浄化水槽が屋上にあるマンションなどは、水道がパンクしてもタンク内に水があれば普通に出てきますが、屋上のタンクが無くなれば水は止まります。 つまり、いち早く浴槽に清潔な水を確保する事が重要なのです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
相互リンク
プレッパー父より 相互リンク大募集中です!
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
人気記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。